年に数回雨の日が好きな理由!

年に数回雨の日が好きな理由!

伝えたい言葉

こんにちは、タツマキです。

年に数回雨の日が好きな日がある。

普段だったら雨の日は嫌いである。

でも、年に数回好きな日がある。

上手くまだ説明できないが、心と空がリンクしているような感覚になる。

寂しい景色が広がっているにもかかわらず、心の中はどこか穏やかなか気持ちである。

今日は、そんな雨の日が好きな気持ちだ。

こんな日は一日何もしないで物思いにふけたい。

学生時代はそれができたのでとても良かった。

今は、そんな日はないに等しい。

だからか、心の中がいつも騒がしい感じがする。

もっとゆっくり時間を感じたい。

雨の日のどんよりした空の様子が自分の心の中と重なって見えるのかもしれない。

だから、心地良さを感じるのかな。

大人になっても言葉が出てこない。

様々な感情を日々感じても言葉にしようとはしなかった。

でも、今頃になって言葉にしたい。

それは、この感情を誰かに伝えたいからだ。

人の感情を感じとることはできない。

だから、結局他人が何を考えているなんてわからない。

自分の考えも結局誰かにわかってもらえないと思っていた。

今、子どもができて自分の考えを、思いを娘に伝えたい。

だから、感情を言葉にできるようになる。

それでは、また!

Follow me!

PAGE TOP