父親はなかなか2歳になる娘との距離を縮められない!

伝えたい言葉

こんにちは、タツマキです。

最近、仕事が遅くて帰りが遅い。

だから、2歳になる娘は帰った時にはもう寝ている。

会えるのは朝5分程度だ。

そんな毎日をおくっているせいか、今朝娘が起きてきた時に近づいて話しかけたら下を向いて泣かれてしまった。

父親なのに顔を忘れられてしまったのかと悲しかった。

忙しいのも考えものだ。

2歳になる娘はたいてい朝は機嫌が悪いのでそのせいであることを祈りたい。

それにしても母親は子どもにとって大きい存在である。

どんなに機嫌が悪くても真っ先に母親に抱きつきに行く。

かなり羨ましい。

毎日、これだけ頑張って働いているのにこんな仕打ちとは。

母親も育児は大変なのは理解している。

でも、もう少し娘の気をこっちに向けられたらいいのに。

休みの日に娘と遊んで楽しませるしかない。

それでは、また!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました