過去を振り返って少しだけ自分を理解できた気がした!

伝えたい言葉

こんにちは、タツマキです。

今日は朝5時40分に起きた。

この1週間は5時30分より早く起きることができなかった。

ここへきて5時起きの難しさを感じている。

来週はとりあえず5時30分より少しでも早く起きることを目標としよう。

さて、今日は一昨日からの続きで過去を振り返って何故私が周りの目を気にするようになったのか考えてみたい。

怒られる事に敏感だった!

私が周囲の目を気にする時はいつだって誰かに怒られたり傷つくような事を言われた時だ。

それがきっかけで周囲の目を気にし本来の自分の行動ができなくなっていた。

少年野球や中学、高校の時のバスケットボール部でも同じ事が起きていた。

つまり本来の自分の行動をするよりも誰かに嫌われたくないという感情が強いのだ。

嫌われたくないという感情から嫌われないような行動を無意識にとるようになり自分らしい行動が取れなくなった。

その結果、本当は好きなのに楽しさが感じられず楽しさがわからなくなってしまったんだろう。

何故怒られる事に敏感になったんだろう?

母親は感情的な人ですぐ頭に血がのぼる。

子どもの頃は怒鳴られるだけではなく殴られたりもした。

母親のそんな怒鳴り声が嫌だった。

胸が締め付けられるようななんとも言えない苦しい気持ちになった。

だから争い事は嫌いだ。

怒りという感情なんて無ければと今でも思う。

怒られるのは誰でも嫌な事だ。

大抵の人は周りの目よりも自分の好きを優先できるのだろうか?

それができれば本当の自分の好きな事だと言えるのかもしれない。

私はまだ自分の本当に好きな事に出会えてないということになる。

過去を振り返って感じた事!

過去を振り返って私は母親に怒られた記憶がとても嫌で周りの人と争いたくないと思うようになったようだ。

それと、周りの人にどう思われようと良いと思えるほど自分の好きな事に出会えてないという事も分かった。

今年37歳になる。

人生残り半分くらいかな。

でも、最後の方は病気になったりしてうまく体も動かないかもしれない。

そんなに人生残されていないな。

自分の好きな事に没頭したい。

心から楽しさを感じたい。

それが私の生きる意味だ。

少しだけ自分を理解できた気がした。

それでは、また!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました