FP2級のタックスプランニングについて勉強開始!所得税の計算方法って思っていたよりも複雑だった!?

FP2級のタックスプランニングについて勉強開始!所得税の計算方法って思っていたよりも複雑だった!?

伝えたい言葉

こんにちは、タツマキです。

今日は、朝8時20分に起きた。

目標は7時起きだったので全然だめだ。

原因は昨晩つい飲み過ぎてしまったことだ。

最近、平日は順調に早起きできていたので過信してしまった。

これからはお酒の量を気をつけなければならない。

今日の勉強について!

今日はFP2級のタックスプランニングの所得税の基本について勉強した。

まずは、所得税というよりは主な税金の分類についてだ。

私達に馴染み深い税金は所得税や消費税なんかだろうか。

ちなみに所得税も消費税も国税で、所得税は税金を納める人が直接自分で納めるため直接税といわれる。

それに対して消費税は、税金を負担する人と納める人が異なるため間接税といわれる。

税金は私達の生活に馴染み深いが税金の知識についてはなかなか分からないのが現状じゃないだろうか。

なのでこの機会に知らない人へ説明できるように学びたい。

所得税の計算の仕方について!

所得税といっても所得税の種類には10種類もある。

私達に馴染みがあるのは給与所得や年金などの雑所得だと思う。

そして、各所得を合算して課税標準を計算する。

この課税標準という言葉は聞きなれないしテキストにも説明がない。

あまり深く考えずに覚えろということだろうが、意味を理解している方が覚えやすいので調べてみた。

課税標準というのは、所得によって税率や計算法が違うため基礎なる税額を計算したもののようだ。

そして課税標準から生命保険料控除など14種類ある所得控除を差し引いて課税所得金額を計算する。

さらに課税所得金額に税率をかけて所得税額を計算し、そこから住宅ローン控除などの税額控除を差し引いて申告税額を計算する。

普段、所得税は会社で年末調整をしてもらっている方がほとんどなので、どのように計算されているのかあまり知らないが、実に手間がかかっていることがわかる。

今日の勉強のまとめ!

今日は主な税金のの種類と所得税の計算について勉強したが、まだ概要なのでそんなに難しくはなさそうだ。

ただ所得税1つとってみても、その計算の過程は多く複雑な印象だ。

そこはあまり深入りせず試験範囲のみを集中して見につけたい。

そして、ゆくゆくは節税の知識を身に付けたいと思う。

それでは、また!

Follow me!

PAGE TOP