【子育てで大切なこと】考え方を少し変えて育児を楽に!

【子育てで大切なこと】考え方を少し変えて育児を楽に!

2020年6月15日
子育て

子どもが産まれたとき、子育てがこんなに大変だったとは思わなかったんじゃないでしょうか?

実際にわたしもそうでした。

子どもはとても可愛い存在です。

でも、子育てをしているとなかなか子どもの行動が理解できなくて、つい腹をたててしまう時が誰にでもあります。

そこで、大変な子育てを少しでも楽しくするためにわたしが大切にしていることをご説明します。

この記事をご覧になることで、以下の内容がわかり子育てが楽しくなります。

  • 子どもとの接し方
  • 奥さんとの接し

今日は、実際に3歳の娘がいるわたしが、子育てで大切なことだと感じていることについてお話します。

【子育てで大切なこと】子どもとの接し方!

日々、たいへんな子育てで心身ともに疲れてしまいますよね?

そんなたいへんな子育てを少しでも楽にするには、まずは子どもに対する接し方を変えることです。

それでは、子どもに対する接し方について大切な4つの考え方をご紹介します。

【子どもとの接し方】4つの考え方

  • 子どもを怒らない
  • 子どもを観察する
  • 子どもと会話する
  • 子どもを見守る

それでは、1つづつ見ていきましょう。

子どもを怒らない

洗濯をしながら旦那さんのお弁当を作っていて、その合間にふと子どもを見るとご飯を床にこぼしてる。

ついイライラして子どもに怒鳴ってしまった。。。

そんなことって日常茶飯事ですよね?

でも、子どもは手がかかるものです。

できないことが、当たり前です。

怒らず、どうすれば子どもができるようになるのかを考えましょう。

それでも、怒ってしまう時があります。

そんな時は、少し気持ちが落ち着いた時に子どもに「ごめんね」と、笑顔で言ってあげましょう。

子どもを観察する

子どもの行動は理解できないことが多いです。

でも、子どもをよく観察することでだんだん理解することができるようになります。

わたしの子どもに限った話かはわかりませんが、おもちゃ遊びにはとても集中力を発揮します。

一人で集中して遊んでいる時に話かけると怒ってしまいます。

だから、最近は子どもからおもちゃ遊びを誘ってくるまでは見守ることにしています。

子どもにもその時の気分があるみたいで、構ってほしいときとそうでないときが今はわかるようになりました。

子どもの機嫌を理解できれば、こちらの言うことをちゃんと聞いてくれます。

子どもと会話をする

子どもとの何気ない会話はとても大事です。

子どもであっても、この人はよく遊んでくれる人や優しくしてくれる人だと認識しています。

だから、子どもと会話をしてコミュニケーションをとらなければ、こちらの言うことも聞いてくれません。

ただ、会話をするというよりは会話を聞くようにしています。

「今日は、何して遊んだの?」

「ご飯、おいしい?」

その日にあった話をうれしそうに話す姿は単純にかわいいです。

それに、最近は聞かなくても話してくれるようにもなりました。

子どもを見守る

子どもの行動は親からすると気になって仕方がありません。

目をはなすとすぐ危ない行動にでてしまうんじゃないかと、ハラハラしてしまいます。

ただ、何でも危ないからと親がやってしまうと子どもの自分からすすんで行動ができなくなってしまいます。

だから、親はだまって見守って、子どもが助けをもとめてきたら、一緒に考えるようにしましょう。

子どもを見ていると、基本的に自分で何でもやりたがります。

自分でとりあえずやってみないと気が済まないみたいです。

でも、たまに「できないって!」と、うったえてきますが、それでも全部やらないようにします。

ヒントをあげて、できるだけ自分でできるように。

そして、できた時はおもいっきり褒めるようにします。

きっと、行動力のある子どもに育ってくれるはずです。

【子育てで大切なこと】奥さんとの接し方!

子育ては本当に大変ですよね。

ほとんどの方が、子どもが産まれて自分の時間がなくなってしまいイライラすることが増えたんじゃないでしょうか?

だから、子育ての負担を少しでも減らすために夫婦で協力する必要があります。

子育ての負担を軽減するための3つの取組を説明します。

【奥さんとの接し方】3つの取組

  • 夫婦の役割分担を決める
  • 夫婦だけの会話を大事にする
  • 気分転換する時間をつくる

それでは、1つづつ見ていいきましょう。

夫婦の役割分担を決める

よく子どもが産まれると奥さんが変わると聞いたことがあります。

残念ですが、それは本当です。

でも、当たり前なんです。

毎日、朝早く起きて旦那さんのお弁当作って、家の掃除をして、洗濯をして、育児をする。

しかも休みなんてありません。

ストレスが溜まっても仕方がないですよね?

だから、夫婦での家事の役割分担を決めましょう。

家庭に笑いがある方が良いでしょう?

だったら、旦那さんも頑張るべきです。

それは、自分のためでもあります。

だって、奥さんが機嫌が悪いのイヤですもん。

ちなみにわたしの役割は風呂掃除とおお昼ご飯を作ることです。

新たに休みの日の洗濯もする予定です。

夫婦だけの会話をする大事にする

個人的には、夫婦の会話が一番大事だと考えています。

実は、前は夫婦の会話をおろそかにしていました。

仕事が忙しくて、家ではゆっくりテレビを見ていたくて、あまり奥さんの話を聞いていませんでした。

ある日、「全然、聞いてへんし、おもんないっ!」

と、言われてしまいました。

これでは、ダメだと思い、今は子どもが寝てから今日の出来事を聴くようにしています。

それだけでも、奥さんの機嫌が良くなったように感じます。

気分転換する時間をつくる

気分転換って大事ですよね。

それは、自分だけじゃなく、奥さんにとっても子どもにとってもです。

わたしたち家族の気分転換はドライブして公園に行くことです。

午前中が特におすすめです。

子どもができてから分かったんですが、土日の午後の公園は家族連れでいっぱいです。

だから、空いている午前中がおすすめなんです。

その方が、子どもも好きな遊具でいっぱい遊べます。

あとは、個人的に午前中に出かけると午後からゆっくりできるので好きですね。

【子育てで大切なこと】まとめ

まとめ

  • 怒るよりも原因を考える
  • 観察して子どもの特徴を理解する
  • 奥さんの息抜きの時間をつくる
  • 家族の時間を楽しむ

子育ては親にとって大変な仕事です。

日々、お父さんのお弁当を作って、洗濯して、家の掃除をして、子育てをする。

いったいいつ休めるんだと嘆きたくなりますよね?

でも、そんな大変な子育てでも考え方しだいで少し楽にできるはずです。

怒らずに子どもに伝えることは簡単じゃないし、わたしも正直できていないことの方が多いです。

何が子育てで正解かはわかりませんが、少なくとも日々子どもや家族のためにどうしたらもっと良くなるかを考えることは間違っていないはずです。

Follow me!

PAGE TOP