赤ちゃんの記憶を鮮明に残すたい!

伝えたい言葉

こんにちは、タツマキです。

今日は、赤ちゃんの感情について書きたいと思います。

赤ちゃんの感情について!

誰もがそうですが、赤ちゃんの頃の記憶はありません。

赤ちゃんの頃に何を見て何が好きで嫌いだったのかは全くわかりません。

今、うちの娘は1歳で毎日喜怒哀楽が激しく元気に生きています。

その瞬間、何に笑って何に泣いて怒っているのか何んとなくしかわかりません。

残念ながら親の推測でしかないんですが、今こう感じているのかなぐらいにしか理解してあげることができません。

だから、日々何気ないことを書き留めておいて娘が大きくなった時に見てくれたらと思います。

赤ちゃんの記憶を残すために!

子どもが産まれてから私の母親が私の赤ちゃんの頃の写真をだしてくれました。

びっくりしたんですが、娘にそっくりだったんです。

親子だし当たり前なのかもしれませんが、でもよく似ていると思いました。

自分の赤ちゃんの頃の写真を見ても当たり前ですが、その当時の記憶が読みがってくることはありません。

母親も自分の記憶ですし、そんな鮮明には覚えていません。

だから、ブログに娘の行動を記録するのもおもしろいかなと思ったんです。

どんな行動をとって遊んでいたのか記録しておけば、いつか読み返した時に私と奥さんもきっとその当時の記憶がよみがえって具体的に娘に教えてあげられるんじゃないかと思うんです。

赤ちゃんは人にとっての原点だと思いますし、それを知ることができるっておもしろいと私は思います。

思い出を娘の強みに!

自分の赤ちゃんのことを具体的に説明できる人はいないと思います。

だから、それができるだけで自分の強みとして言えますよね。

そこから、自分が本当に好きなことやりたいことを見つけられるヒントにしてもらえたうれしいです。

あと、ほんの少しでいいんで私たち2人の愛情を感じてもらえれば親としてこれ以上の喜びはありません。

そう願って書き続けます。

それでは、また明日!

 

 

Follow me!

PAGE TOP