子どもの学習は手から始まることが重要!

伝えたい言葉

こんにちは、タツマキです。

今日は、子どもの学習能力について書きたいと思います。

子どもの学習は手から!

普段の娘を観察していると気になったものはまず手にとっています。

手にとってそれがどんな物かさぐっているように見えます。

確かに、よく考えてみると普段の生活のなかで手をつかう場面はたくさんあります。

歯を磨くときやドアをあけるとき携帯をさわるとき、私たちは手を動かしていろいろなことを学習してきたと言えます。

そう考えると、しゃべる時に無意識に手が動くのももしかしたら関係があるのかもしれません。

考え事をしていて行き詰っている時は手を動かしてみると良い考えがうかぶかもしれません。

手の使い方を覚えるために!

以前は、娘が何かをさわっているとすぐ口にいれないかあぶない目にあわないか心配でつい取り上げてしまっていました。

でも最近は、口にいれることもあまりないのがわかったのでできるだけ本人の好きなようにさわらせてあげます。

本当に子どもって賢いもので教えていないのに携帯を耳にあてたりリモコンをテレビにむけてボタンを押したりとその物の使い方を理解しているのです。

だから、これからは気になったものはどんどん触らせてあげようと思っています。

娘の好きそうなものを目の前においてその反応を見るのが最近の楽しみです。

手をつかう環境を整える!

今のところ携帯がすごく好きなようで、目にはいるととってくれと訴えてきます。

それから、画面のロック解除をしてくれと訴えてきます。

いつ頃自分でロック解除ができるようになるか楽しみです。

最近はご飯もホークにさしてあげると自分でホークをもって口にいれます。

まだ、自分でホークに上手にさすことはできないのでそこはやってあげるんですが、どうやって手を動かしてホークにさいているのかを見せています。

だから、近いうち自分でホークにさせると思うので今からその日がくるのが楽しみです。

今からでも自分で考えて行動できる環境を整えていきたい考えています。

それでは、また明日!

 

Follow me!

PAGE TOP