子どもから学ぶ親の行動について!

こんにちは、タツマキです。

今日は、ふとした時に娘の成長を感じることについて書きたいと思います。

人の真似をしたがる!

子供には本当に驚かされる毎日です。

この間も目薬をもって目にさす仕草をしていました。

私が毎朝、目薬をさしているところを見ていたんだと思います。

見られていないようで見られてるんだなと思いました。

周りに見えるもの全てが知らない世界で生きているので、赤ちゃんにとってはその全てが興味の対象なんだなと気づかされます。

娘に見られていると思うとあまりへんな行動は見せられないなと感じました。

人の真似をしたがる2!

今朝、ふと娘に目をやると、おもちゃ箱に腰掛けて本を見ながらブツブツ言っていました。

おもわず笑ってしまったんですが、これもたぶん私を見て真似したんだと思います。

意味もわからないのにその格好が気になって真似をしたくなるんでしょうね。

娘にとって真似したくなるものがなんだかまだわかっていませんんが、仕草が好きなのかもしれません。

赤ちゃんはまず大人を真似して遊ぶところから色々な行動を覚えていくんだと思いました。

娘に何を見せたいか!

子育てをしていて最近娘に常に見られている側なんだと認識させられました。

だから、変なことを覚えてほしくないので、自分たちの行動を改めなければなりません。

どんな行動を見せてあげたいか考えてみましたが、最初に浮かんだのはお箸の持ち方です。

また覚えるのは先ですが、これだけよく親を観察しているんなら見せておくのも良いかもしれないと思いました。

後は、座り方です。

人によっては姿勢が悪かったりすると思いますが、座り方が綺麗だとそれだけで品を感じます。

まだまだ先の話ですが、親が座り方が綺麗なら真似して欲しいなと思います。

親を見て子が育つなら将来子供に対してしかることは難しいなと感じました。

親を真似したからこうなったと言われてしまえば何も言えません。

この際に自分の行動を見直してみたいと思います。

それでは、また明日!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました