娘を見ていて自分に足りないものがわかった気がする!

こんにちは、タツマキです。

今日は、大人になってからワクワクすることがへったと感じたことについて書きたいと思います。

子どもの頃を思い出してみる!

子どもの頃は、言い過ぎかもしれませんが毎日ワクワクしていたように感じます。

個人差はあると思いますが、それでも近所の子どもたちを見ていても楽しそうです。

とにかく一日一日が楽しくて、明日がくるのが待ち遠しかったです。

今と昔とでは何が違うんでしょうか?

なんとなく感じたのは、何かに期待することが少なくなったんじゃないかです。

自分のどこかで諦めてしまっているところがあってワクワクしなくなってしまったんじゃないでしょうか。

今、ワクワクすることは?

今、ワクワクしたいとは思っていて、特に1歳半になる娘の将来は期待したいです。

期待といっても良い学校に行って良い会社に就職してほしいと思っているわけではなくて、自分の好きなことを見つけていつまでも好奇心に満ち溢れていてほしいです。

私も娘にこれから教えていくためにも、私自身もっとワクワクした人生を送ろうと考えています。

これからの自分の人生に期待して生きていたいです。

娘にワクワクした人生を送るよう伝えるためにも自分自身が人生を楽しんでいないと娘にも伝わらないはずです。

今をワクワクするために!

子どもの頃を思い出してみると、明日はどんなことがあるんだろう、あれがしたいこれがしたいと考えていました。

今は、やらなければならないことに追われているような感じです。

自分の本当にしたいことを我慢して生きていくと自分の欲求がわからなくなります。

自分の欲求がわからなくなるとワクワクしない人生を歩んでしまうんだと思います。

我慢する人生よりもワクワクして自分の人生に期待していたいです。

自分の娘にもそんな人生を歩んでほしいです。

だから、これから私も自分の人生に期待するために自分の欲求にまずは正直になってみようと思います。

明日をワクワクするために!

それでは、また明日!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました