親の行動を見て一生懸命真似をしている娘の姿を見て学ぶことの大事さを教えてもらった!

伝えたい言葉

こんにちは、タツマキです。

子どもは真似をしたがる。

目に写るもの全てが新鮮な彼女にとっては私たち夫婦がする行為に興味津々である。

例えば、奥さんが床を拭いていれば真似して一緒に床を拭いたり、私がご飯を食べていれば私のお箸を持って食べたがる。

子どもは親の真似をして色んなことを覚えていくのだと改めて理解した。

親は子に見られている。

娘が変な行動をした時、それは娘が変ではなく私たち夫婦あが変だということになる。

娘の行動を見て自分の行動を見直さなければならない。

そんな娘のモノマネで一番好きなのが筋トレである。

社会人になって運動不足になってしまった。

日々働いているとなかなか運動することが面倒臭く感じてしまう。

週末は明日が休みになるとついつい飲み過ぎてしまう。

そんな運動不足と食生活の悪さから去年の健康診断で再検査と判断されてしまった。

原因は血糖値の高さである。

痩せていても糖尿病のリスクはあるんだと勉強させられた。

私の場合、黒糖梅酒みたいな甘いお酒が好きだったり、朝あまり食べずにお昼にいっぱい食べるようなバランスの悪い食生活がいけないようだ。

そんなこともありお酒の量も自然とへった。

甘い飲み物も飲まなくなった。

コーヒーもブラックである。

朝ごはんも食べるようになった。

そして、運動不足を解消するため平日は筋トレ、休みの日は朝走ることにした。

仕事から帰って服をぬいでお風呂に入る前にいつもリビングで腕立て伏せや腹筋などをしている。

そんなある日、いつものように腕立て伏せをしていたら、娘が近くに寄ってきて真似をしだした。

真似といっても正直まったくできていない。

腕じゃなく頭を上下に動かしているだけである。

そして、「じょうずー!」と、自分で手をたたき出す。

それでも、満足げな彼女を見たら上手と一緒に手をたたかずにはいられない。

娘が筋肉ムキムキになっては困るが筋トレは当分一緒にしたい。

あるお坊さんが言っていた言葉を思い出した。

「真似るの語源は学ぶからきている。」

娘は一生懸命まなんでいるようだ。

私も見習いたいと思う。

それでは、また!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました